読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私だって綺麗になりたい!

女磨きに励む私が美容について投稿します。

本日も暇なので年齢に負けない素肌ケアの事を書いてみる。

今日サーチエンジンでみてみた情報では、「保湿のキーポイントは角質層が潤うことです。保湿成分がふんだんに配合されている化粧水で角質層の隅々まで水分を行き渡らせ、加えた水分量が飛んで行かないように、乳液やクリームなどをつけることによってしっかりとふたを閉めてあげましょう。」な、公表されているらしいです。

素人ですが、検索で探した限りですが、「コラーゲンという物質は、人間や動物の身体を形作る何よりも普遍的なタンパク質で、皮膚、筋肉、内臓、骨、関節など動物の身体の至る組織に存在して、細胞をつなげ組織を支える糊のような役割を持っています。」と、公表されている模様です。

こうしてまずは「顔を洗った後は何も手をかけないでいると化粧水の保湿成分が肌に吸収される割合は少なくなっていきます。また石鹸などで顔を洗った後がもっとも肌の水分が奪われた状態になるので、なるべく急いで肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水を塗らないと乾燥が加速してしまいます。」のように提言されているそうです。

なんとなくサーチエンジンで探した限りですが、「加齢と一緒に肌のハリがなくなりシワやたるみが刻まれてしまう理由は、なくてはならない大事な要素のヒアルロン酸の体内量が乏しくなって水分のある美しい皮膚を保ちにくくなるからなのです。」だと解釈されているようです。

今日文献でみてみた情報では、「最近耳にする美容成分セラミドは、ターンオーバーのプロセスの中で作られる“細胞間脂質”を指し、3%程度の水を抱えて、角質細胞の一つ一つをまるで接着剤のように固定する大切な役割を担っているのです。」と、いう人が多いそうです。

素人ですが、検索で集めていた情報ですが、「美容液とは肌の奥深いところまでぐんぐん入り込んで、根本よりパワーアップする栄養剤です。美容液の嬉しい働きは、一般の化粧品では到達しない肌の「真皮」の部分にまで必要な栄養成分を届けてあげることになります。」と、提言されているらしいです。

素人ですが、色々集めていた情報ですが、「セラミドは肌の潤い感のような保湿効果を改善したり、皮膚から必要以上に水分が飛んでしまうのをしっかりと防いだり、外からのストレスや汚れや細菌などの侵入をきちんと防いだりする役目をしてくれているのです。」と、解釈されているようです。

さらに今日は「ヒアルロン酸の水分保持能力についても、角質層においてセラミドが順調に皮膚を保護する防壁機能を作用させることができたら、肌の水分保持能力が向上して、一層潤いに満ちた美肌を」な、考えられているそうです。

再び私は「美白ケアの中で、保湿のことが重要であるという話には理由が存在します。その理由を簡単にいうと、「乾燥してしまいダメージを被った肌は、紫外線からの刺激に過敏になりやすい」からということに尽きます。」な、結論されていらしいです。

本日サイトで探した限りですが、「皮膚の一番外側にある表皮には、硬いケラチンタンパク質より構成された角質層という部分が覆うような形で存在しています。この角質層を形成する細胞間を埋めているのが「セラミド」といわれているスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一種です。」と、公表されているとの事です。